ピックスアーク 火器作業台

/

レベル33辺りから作成できるようになる火器作業台について紹介

まず銃器が必要になります

どうやらなんでもいいようです

まず矢印の場所に武器をセットします

そうすると拡張できる要素がいくつか出てきます

改造

・銃身 ダメージが上昇します

・マガジン マガジンと連射性能がよくなります

・フレーム 安定性が強くなるようです

エンチャント

・炎ダメージ 属性ダメージが付くようになります

・氷ダメージ

・毒ダメージ

ピックスアーク

改造のカテゴリーは、1型、2型に分かれており

大体2型の方が強く、必要素材も多くなっています

必要素材

おそらく銃器によって違うと思いますがセミオートスナイパーライフルの場合を紹介

今回の場合、銃身の改造に鉄インゴット20(1型) 30(2型)必要でした

マガジン拡張のためには、ポリマー20 30

フレーム改造には、その両方の素材を同時に使いますが素材がなかったために今回は、断念

必要素材は、インベントリという場所に入れなくては、改造できないので注意しましょう。

炎などのエンチャントには、魔法石を30個程度必要とします

作り方は、同じです

ピックスアーク

というわけで改造

改造すると銃の見た目までちゃんと変わる仕様になっています

こういうところいいですよね

ちなみに攻撃力が195→212.2に

マガジンが6→8

連射速度120→208.5に上昇しました

ピックスアーク

見た目の変化を比較してみましょう

こっちが改造前

ピックスアーク

こちらが改造後

一見わかりにくいですが銃身を改造することでフラッシュライトも強化されます

銃を持っているだけでライトの範囲が拡大するようになります

ピックスアーク

銃器を手に入れたらぜひとも使ってみましょう

自分で検証していませんが

属性付きの特殊弾薬を撃つのに通常の銃器を改造しなければならないという話も聞きましたので困っている人は、試して見るとよいかもしれません

TOP

/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です