SEKIRO 穴山イベント

/

気付きにくい穴山イベントについて紹介

場所は、鬼仏「虎口階段」の近く 過去に行くための鈴をくれるお婆さんがいたと思いますがそっち方面を向くと門の下あたりに店を構えている

SEKIRO™: SHADOWS DIE TWICE

・情報を買おう

最初は、物を売ってないので情報を買うことになります。

1つ目は、50銭。2つ目は、100銭必要となります

どちらにしろ大した情報は、持っていません

・リログしよう

リログして戻るとアイテムを売ってくるようになります。

基本的な供養衆とレパートリーは、あまり変わりませんが

鉄屑と黒色煙硝を無限に売ってくれるようになるので序盤では、多少使えます

・情報を持ってこよう

最もうけたいので何が需要があるのか調べて欲しいと言われます。

情報は、芦名城の堀。白蛇の社方面へ向かうための橋がかかっています。その上に兵士が二人います。そこから盗み聞きしましょう。

もし梟が攻めてきている場合、場所が変わり、芦名城1階から堀の方面に出てすぐ左にいます。同様に盗み聞きしましょう。

・手伝いを派遣する

塩の需要が上がっていると教えると新しく人手が欲しいと言われます。

ここまで話を進めると隈野左衛門か小太郎のどちらか どうやら小太郎のみ紹介することができます。小太郎を誘う場合、赤白の風車を上げましょう。紹介できるようになります。

SEKIRO™: SHADOWS DIE TWICE

ちなみに小太郎を紹介するとなんかすごい勘違いをしながら働いてくれます。穴山を聖人かなんかと勘違いしているんじゃあ・・・

ちなみに穴山だけ竜咳にかかるとかなり心配してくれます。むしろ小太郎の聖人ぷりがやばいです。

そんなこんなで多少アイテムの種類が増えますが売る素材アイテムも有限だったりと大した変化は、おこりません。

・政府軍が攻めるまで進める

源の宮で桜竜を倒すところまでストーリーを進めないと話は、変わりません

そこまで進めるとそこから姿を消しますがその門のすぐ裏にいます

すでに小太郎は、事切れています。どうやら内府軍にも商売を進めたところ逆に襲われ物資も金も奪われるという惨事に・・・

そこで内府軍ともめたところ小太郎の頑張りで追い払えは、したもののキズを負いそれが原因で死亡。穴山も傷を受けて瀕死のところに狼が登場といった流れになります。

穴山の話を聞いているとそのいきさつを話してくれます。

聞き終わった後、穴山の手形を1銭で売ってくれます

このアイテムは、供養衆と藤岡の買い物の際、商品を10%割り引いてくれるアイテムとなります。まあ今更入手しても大して買えるものは、残ってないでしょうけどね

購入した後、この手形だけふんどしの中に隠してたから少し臭うかもという衝撃の事実を教えられますが起こる気分にもなりません

ちなみに臭いのためか鬼仏だけは、形代の割引をしてくれません

そんなこんなで六文銭にもみたない銭を手に穴山は、旅立っていきます

SEKIRO™: SHADOWS DIE TWICE

TOP

/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です