Fallout76 虚数建築の可能性

/

建築においても私らしさを出したいなあと思い模索した結果こんな感じになりました。

今のところ試作段階で実用可能なレベルに至っていないため、可能性と題しました。

どんな感じの建築かというとこんな感じ

Fallout 76
Fallout 76
Fallout 76

注目してほしいのは、2枚目の画像

見えづらいかもしれませんがこの場所は、岩の中。そしてその場所にアーマー作業台が置けていますね。

このことからわかるように壁や岩などの中にもスペースさえあれば建築物を置くことができます。

地面の構造さえよければ土台もなしで行けます

最初は、これを利用して地面の中にでも建築しようとしていたんですがなかなか地面を抜けることができないので妥協して壁の中に作りました。

ジェネレーターなど破壊されては、困る物などを隠しておくことができます。相手としては、すり抜けの方法を知らない限り入ってくることは、できませんし

グレネードなどで壁一枚貫通した際、自分に爆風ダメージをくらっていなかったことから逆に外から爆破されても中にダメージは、通らないことでしょう。核は、別としますが

もっと広い場所がみつかれば壁の中に屋敷でも立てることができるかもしれませんが・・・今は、まだ場所が見つかっていません。

概念を説明したので次は、新しい壁抜け方法を解説

・CAMPを利用した壁抜け

場所は、スプルース・ノブといワークベンチを道路沿いに西方向に進んでいるとある、用水路の中で実験しました。

CAMPを利用した壁抜けです 抜けれる場所と抜けれない場所で差があるので適用できる場所は、限られます。

やり方は、上が塞がれている狭い場所で横長な設置物(浴槽や細工師の作業台)などを使い自分の目の前に置く。

その次にそれを持ち上げて手前に寄せるを繰り返し。自分を壁に押し込む形です。最後に動画を載せておくので見てもらえればわかると思います。

動画では、自分の位置を固定するために、床ブロックで挟んで自分を固定しています。固定するものがないと左右に滑ろうとしてしまうためにそういった処置を行っています。必ず必要かどうかは、わかりません。

Fallout 76
Fallout 76

すり抜けて中から見るとこんな感じ

外から見るとこんな感じ普通に地面ですね マジックミラーみたいな状況ですね

Fallout 76

中から外を見ると透けて見えます。結果的に申しますとこの壁の中にジェネレーターを設置し、外まで配線できることを確認しました。

中継器も各所に設置できるのでそれを使って伸ばしていくこともできます。

説明するとこんな感じですかね

興味のある方は、試してみてください

TOP

/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です