Fallout76 いまさら建築

/

最近伝説堀ばかりでネタが尽きかけているという悲劇

なにか新しいネタを探していると11日にバイオ2REの体験版がでるとかいう話を聞きました。30分の制限付きとからしいですがやってみたいですね~

というわけで本日は、いまさらながら建築についてのお話

建物を建てる場合は、土台ブロックを設置してその上に建築物を積み上げていく形になります。

最近では、1階部分や部屋の1画にジェネレーターを密集させ、そこから配線を各部屋に通すという形が基本になっていますね。

知らない人のために説明するとジェネレーターから延びる配線は本来、壁や土台を透過することができませんが床ブロックのテクスチャを変更していき金網のバージョンに変えると配線を通すことができるようになります。

ですが最近見たところ、どうもそのまま床を金網にしたままの建築が多いようなので小ネタを紹介。

やり方は、簡単。一度、金網にして配線を通したブロックに対して□ボタンを押すと解体・保管画面が表示されると思いますが。この床ブロックのように素材は、一緒でテクスチャだけ違うものが存在している場合、「交換」というものが追加されます。

Fallout 76

交換を選択すると左上に交換可能なテクスチャが選べますのでどれかを選択すると配線と通したまま、床ブロックの見栄えをよくすることができます

Fallout 76

ただし、問題が1つあります。それは、配線が通った先のものが動かせなくなるということ。対処法は、同じで一旦金網に戻すだけなのですが急を要する場合にターレットの位置を変更できないなんていう問題が発生するので少し困りもの。建物が完成してこれ以上動かす必要は、ないと思ったら使ってみるとよいでしょう。

ちなみになぜ今更建築に着手したかというと人工物のみで地面すり抜けをやってみたかったからです。ですが今のところうまくいってないです

理由は、建築物の下側に地雷やグレネードを使ってもVATSが効かなくなってしまうからです。どうにも判定が厳しく床や土台ブロック、階段の上側なら問題ないんですが下となるととたんに0%になってしまうようです。簡易的な床抜けの道は、まだまだ遠そうです・・・

TOP

/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です