Fallout76 いとも容易く行われるえげつない行為

/

昨日投稿したばかりですがある種完成形のものができたので投稿

もちろん壁抜け・天井抜けの話です。

天井抜けについて

検証

実践

/


・天井抜けについて

前回の記事を読んでもらうとわかるが今作は、パワーアーマーを使って天井を抜けることができる。天井の裏の位置にパワーアーマーを設置し、それに対して「起動」を選択することでその位置までプレイヤーを強制移動させ天井ごと抜け、さらにそこを足場にするという技である。

今回わかりやすいサンプルを用意できたので紹介。

MAPを紹介しておくので見てもらうとわかりやすいのだがこの場所には、横転したトラックが設置してある。さらにシャッターを開けることができ、あけると移動しない貯水タンクが大量に置いてあり進むことは、できない。

これを用いて前回の洞窟でやったことの再現ができる。簡単に。前回は、洞窟中央部分が空白であり設置自体、難しかったが今回は、あらかじめ中身がびっしり敷き詰まっているのでパワーアーマーの移動場所が制限され天井抜けを用意に行うことができる。ここで実行するとトラックの天井を貫通し、上に抜けることができる。

注意点としてうまく上に置いたとしても下にいる自分からアクションが起こせる状態(起動コマンドがでないなど)でないと失敗なので注意。この場所なら回収は、容易だが。

同様のシチュエーションでも天井が若干カーブを描いているとやり易いイメージ。

Fallout 76
Fallout 76

TOP

/


・検証

パワーアーマーというのは、どこに設置できるかを考える。まずは地面、そして公式が配置している移動しない物の上だ。

橋の下は、どうだろうかと検証。結果めり込ませることは、できるが着ると弾かれてしまった。天井となる部分が厚すぎると失敗するようだ。

Fallout 76

階段は、どうだろうか

Fallout 76
Fallout 76

結果は、階段の上側に設置したが下側に降りてきた。天井抜けの逆の現象が起きた。

はしごがあったので試すとはしごの間に刺すことができた。着ることもできたが着た瞬間にゆっくりと滑り押し出された。

Fallout 76_20181206201601

ついでにワトガ市民センターの天井裏を使って色々検証してみる。

結果:天井裏にパワーアーマーは、設置できなかった。

また、瓦礫など外から壁抜けできる場所にも設置できなかった。

余談だが開いた天井部分からパワーアーマーを通すこともできなかった。一応の天井判定は、残っていたのかパワーアーマーが天井がある部分と同じ軌道を描いていた。

Fallout 76

だが一部だけ設置できる場所があった。それがこの場所。実は、この場所の右側の壁は、容易に通り抜けできる壁がある。最初は、壁抜けできることが関係しているのかと思ったが思い違いだった。大事なのは、「地面判定」であるということだった。つまりここだけ地面ブロックなのだ。すなわち天井を貫通させようと室内で躍起になっても意味なかったわけだ。天井ブロックだったから。

追記:早くも不備を見つけたかもしれません。1階の屋根裏に降りた時まだ置ける場所がありました。周りのブロックと大した差がないようでしたがなぜかおけました。その場所は、トイレの上とその場所近くにある壊れた天井の周り。しかもトイレ側のみ。関連事項がよくわかりません。

Fallout 76

では、前回を振り返ってなぜ洞窟では、それが可能だったか。

推測だが洞窟を1から作るにあたって地面、壁、天井といちいち作っていては、手間だ。だったら一つのブロックとしてまとめてしまえばいい、トンネルあるいは、通路ブロックとして。だがそう作るなら必ずトンネル内でパワーアーマーが脱げるように判定を「地面」と同様のものにしなくては、いけない。つまりトンネル自体が1周した地面ブロックというわけだ。だからこそ天井を超えた場所が足場になり天井抜けが可能になったのでは、ないかと考える。

追記:部屋の内部でもできる場所が発見されました。

室内でも天井と壁のつなぎ目にカーブのようなものがある場合は、その上に乗せることができるみたいです。うまく壁抜けは、できませんでしたが。

Fallout 76

逆にこういった繋ぎ目の細い場所では、設置することができませんでした。

Fallout 76

TOP

/


・実践

いままでのことを考慮すると施設内では、基本的に天井抜けは、不可能ということになる。洞窟内でも需要がないわけでは、ないだろうが・・・と考えながらサイロに向かっていると見つけてしまった。「トンネル」を。

このスペースは、サイロに入り最初にバイオメトリクス認証を行ってレーザーフェンスを抜けた先の広い通路である。確かにトンネルと言えばトンネルなわけだ。

Fallout 76

というわけで解答編

下の動画を見てわかる通り、頭を天井にこすりつけているとパワーアーマーが設置できるタイミングが存在することがわかる。この場所は、フォークリフトが置いてあるができることなら「有袋類」の変異やジェットパックのどちらかがあった方がやり易いかもしれない。

2つ目の動画を見るとわかる通りちゃんと天井からパワーアーマーの脚の裏が見えているのがわかると思う。あとは、いつもと同じ。起動すると天井を抜けることができる。さらに面白いのは、この上に見えている通路へジャンプして入り込むことができる点だ。

天井裏まで行ってパワーアーマーを着れた後、失敗するとそのまま落ちて来るが成功するとそのまま天井裏を歩くことができる。

上の通路がどこにつながっているかというと発射コードを入力することができる部屋へ続く通路だ。つまり配管直したりタレットやアサルトロン、メインフレームのコアの修理なんていうすべての過程を吹っ飛ばせるわけだ。なんという発見。これでまた面倒がひとつ減った。これで今夜も熟睡できる。明日以降ブラストゾーンも増えることを期待する。

追記:YOUTUBEにて動画をアップロードしました

慣れてないもので上手く動画が撮れなかったのが悔やまれます。2分30秒あたりから始まります。

TOP

/

「Fallout76 いとも容易く行われるえげつない行為」への2件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます。こういった仕様の穴の発見は、たのしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です