Fallout76 勢力紹介

/

現在確認できている勢力

Volt76

Volt94

レスポンダー

インスティチュート

フリーステイツ

BOS

エンクレイヴ

レイダー

ATOM

スコーチ

/


Volt76

このVoltは、FOシリーズにしては珍しく核で荒廃した後の世界を再興するために組織されました。なので不当な実験を受けたりしていません。脱出前にパーティーを開くぐらいの余裕があったようです。

今作の目的は、先行した監督官の足取りを追っていく形になります。各所に痕跡が残されており、ボイスログや設計図を置いて行ってくれています。

監督官の思惑は、どうやらVolt-Tecの利権目的で動いている節は、ありそうです。核施設に訪れた際もこの施設を奪取できれば優位に立てるようなことをほのめかしていましたし

後述するフリーステイツという組織と敵対していたりします。

TOP

/


Volt94

内部に入れたわけではないので詳しくは、わかりませんがこのVoltは、宗教で統制していた施設のようです。食料や水も大量にあることをほのめかしていたようですがVolt出口周辺には、地下とは、思えないほどの大きな植物と「有毒な水」が蔓延しています。

内部では、どんなことをしていたのでしょう。入るためには、ここの監督官かVolt居住者を探す必要があります。

追記:赤いツタを使い放射能を防いでいたという記述を発見この研究成果がフリーステイツに引き継がれる模様。

追記:スキー場にいたVolt居住者は、94の人間であることが確定しました。

放射能から守るためのVoltなのでは・・・

Fallout 76 B.E.T.A.
Fallout 76

TOP

/


・レスポンダー

生き残りや難民達の集まり、ボランティアを募集しスタッフを増やそうとしていたが人で不足感がいなめない。プレイヤーもここに参加することになるだろう。

周りの民衆がゴミ箱からネズミをあさり、生で食べようとしていたことからもかなり困窮していた模様。火を通すように促した神父が登場したがそれをわざわざ教えなくては、いけない状態とは・・・相手は、子供だったのか?それとも・・・

レスポンダーの中には、スコーチに対抗するために訓練を受ける戦闘員的な人たちもいた模様。

BOSと関わりがあったがBOSの態度が高圧的で度々物資の要求をされるなど下っ端扱いを受けていた模様。その後疎遠に。

そんな中、スコーチ病の対策を研究していたDrが予防接種を完成させる。

なお、全滅し残りは、システムだけが稼働している模様。

TOP

/


・インスティチュート

Volt76の監督官のターミナルで記述を確認

物資をやり取りしていた模様。それ以降確認できません。

アイテムの中では、アサルトロンの回路基板なんてものもあるので人造人間もどきを作っている最中なのでしょうか。

TOP

/


・フリーステイツ

スコーチ・ビーストに対してなにかしらの対処をしようとしている人たち。Voltには、入っていないようです。各所にバンカーを持っており、何人かで生活していたようです。地下で農作物も作っていました。監督官は、この施設を訪れており、ずさんなセキュリティと放射能流入しているバンカーに苦言を呈していた模様。プレイヤーが施設に入った時には、すでに肉塊が2つにゴキブリが数体。監督官がやったんでしょうか・・・

あるバンカーに入るとスピーカーから声が聞こえスコーチの検知装置の復旧を依頼されます。

B.O.Sとも繋がりがあったそうですがすでに去ってしまったとのこと

また、BOSがスコーチビーストに対する対応兵器を作っていたことを知っているよう。テストもしたといっていたのでその兵器は、現在フリーステイツが所有している可能性があります。

ローリー「エラが発見した。スコーチビーストにある周波数を照射すれば、混乱させて時間を稼げる。突入して奪うことも可能だ

Fallout 76 B.E.T.A.

奪うってなにを?周囲にスコーチビーストがいる地割れの中にでもなにかあるのでしょうか。それともスコーチビーストそのもの?

追記:地割れ地点周辺にウルトラサイト鉱石というものを発見。奪うってのは、これのことか?

Fallout 76 B.E.T.A.
Fallout 76_20181115214901

追記:ロード画面中に興味深い記述を発見

「フリーステイツの顔であったローリー・クレイが逮捕あれたことにより、米国上院議員のサム・ブラックウェルもフリーステイツを支える原動力だったことが公になった。」

フリーステイツは、いつから存在していた?政府が機能しているときから存在していたってことになるんですかね。

TOP

/


・B.O.S

各地でベルチ・ポッドという前作でいうところのベルチ・バードが目撃されているので存在は、している模様。よく空から一方的にグールやネズミにケンカを売っています。

おそらくBOS関連のクエストもそのうち出てくることでしょう。

追記:BOS関連の施設にてボイスログを発見。マクソンの人がまたでてきました。BOSという名前に意味は、ないけど使い続けていれば力を見出すみたいなことを言っていました。なんだかボスっぽい喋り方が特徴。

スコーチ・ビーストの対応兵器を作成した模様

Fallout 76 B.E.T.A.

TOP

/


・エンクレイヴ

FO3にでてきましたね。見た目かっこよくて好きでした。

公式から情報がでましたがどんな形で接触するかは、いまだ不明。

追記:発見しました。場所は、ホワイトスプリングから少し南に行ったバンカー

中は、Voltのような建物があり、そこを根城にしていました。

建国以来最高の頭脳集団をうたっていましたがそれぞれがそれぞれの関心事にしか興味がなかったために方向性を見失い崩壊してしまった模様。今では、若干悪そうなAI?人格を再現したもの?が相手をするだけになっています。

Fallout 76

TOP

/


・レイダー

今作もたびたび名前が登場するので依然は、活動していた模様。ほとんどがスコーチ病とかいうのにかかってしまったのでしょうか。

接触を試みるクエストも確認されています。世界の頂上を目指しましょう。

Fallout 76
Fallout 76

TOP

/


・ATOM

そういえば忘れていました。ATOM教団もでるみたいですね。前作で放射能まみれの地域をシャツ1枚で生活していた彼らです。

ATOMは、核兵器信仰者みたいなものです。彼らにとっては、聖なるものなのでRADもへっちゃらみたいですね。w

よくガンマ線銃を乱射していたので結構わかりやすかったですね。今作にもガンマ線銃あるみたいなのでまた、見れるかもしれませんね。

TOP

/


・スコーチ

もはや勢力といっても過言では、なくなってきましたね。

スコーチ病という謎の病が蔓延し、あらゆる種族を飲み込んでしまったようです。ネズミ、トカゲ、蝙蝠、人間、犬など

発症すると皮膚が変色し、毛が抜けるなどの症状が現れるよう。人間の場合その過程で痛みも伴っていた模様。キーボードを打つ手が痛いという記録が残っておりました。

政府の見解では、インフルエンザのようなものだという適当なカバーを展開していた模様。

追記:原因は、不明だがスコーチビーストが感染拡大させた可能性が濃厚。毒霧みたいなものを散布するのでそれで拡散している?

追記:キリストさんの家から東を見ていたらおぞましい光景を発見。スコーチビーストは、大量に存在していた。合計3体確認。とてもじゃないが相手してられませんね。

Fallout 76_20181117225307

「Fallout76 勢力紹介」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です