Fallout76 CAMPとワークベンチ

/

建築について書いていこうと思います。

C.A.M.P

大事なものは、STASHボックスへ

ワークベンチ

/


・C.A.M.P

今作からの新要素です。簡単に言えば前作のワークベンチの簡易版です。

自由な場所(ロケーション付近以外)に建築することができます。廃屋内部にも建築可能です。廃屋には、家具があらかじめ配置してある場所もあるので序盤は、利用するといいかもしれません。

壁や屋根、階段など基本的な建築が可能です。特に重要となるのがSTASHボックス、武器・防具作業台、調理台です。今回もジャンクを集めて建築や武器作成などを行っていきます。ジャンクは、かさばるので定期的に作業台で解体しましょう。

ジェネレーターや浄水器も作成できるので利用しましょう。浄水器も地面に設置できるタイプと水上に設置するタイプが存在します。水上に設置する方が得られる「綺麗な水」が多いですが設計図を必要とします。イベントに参加して設計図を入手しましょう。経験上関連する施設でのイベントで手に入りやすいように思えます。発電所でジェネレーターの設計図など

C.A.M.Pには、製作したものを指定して設計図として残すことができます。C.A.M.Pの場所を移動させる前に設計図登録して移動させると次の場所で展開しやすいです。

C.A.M.Pは、1か所にしか設置できません。移動する際に設計図登録してないものは、消失するようです。また、C.A.M.P移動には、CAPが必要になりますが大した金額では、ありません。

TOP

/


・STASHボックス

Fallout 76 B.E.T.A._20181105092835

この箱に入れたものは、自分しか出し入れできないようになっています。STASHと作業台は、リンクしており素材をわざわざ出す必要は、ありません。また、ジャンクを一括投入できます。

各所にあらかじめ設置してあったりするので色々探索してみるとよいでしょう。監督官が設置した箱と間違えないようにしましょう。こっちは、ふつうの箱です。設計図とかよく入っています。

Fallout 76 B.E.T.A.

容量は、400。序盤は、問題ありませんが途中から足りなくなります。素材を入れる際は、できるだけ使わないものを分解して入れましょう。それでもかさばるようならバルクに精錬して売却しましょう。細工作業台で精錬できます。解体方法は、不明普通にジャンク解体でいいかもしれません。

Fallout 76 B.E.T.A.

鉱石も酸と合成して〇〇片に変えておきましょう。こちらは、科学作業台で作成可能です。

Fallout 76 B.E.T.A._

TOP

/


・ワークベンチ

今作のワークベンチは、陣地占領式になっております。約30CAPを支払って占領開始。指定時間、輪の中にいると自分のものとなります。

ワークベンチを利用すると設置型のトラップなど防衛用の設備を設置できるようになります。

なお、前回同様周辺のものを解体できますが素材には、なりませんでした。トラックも車両部分だけ解体でき、荷台は、残ります。

追記:他プレイヤーから奪われそうになった場合、そのプレイヤーの名前が表示され攻撃を受けています。という表示とともに防衛イベントが始まります。襲撃時と同じですね。なにもせずに放置しておくと所有権を奪われます。奪った相手にも賞金が掛かることは、ありません。

奪われたプレイヤーのイベント欄には、奪い返せと表示されます。これも襲撃時と同じですね。

Fallout 76 B.E.T.A.
Fallout 76 B.E.T.A.

メリット

周辺にある鉱床から収集機を設置することができ、恒常的に鉱石資源やジャンクを入手することができます。

Fallout 76 B.E.T.A.

場所によっては、フュージョン・コアが精製できる場所もあります。電力100使用するので序盤は、難しいかもしれません。フュージョン・コアで発電するジェネレーター(単機で電力100)もあるので作成できれば製作しましょう。

ワークベンチの敷地内に電力ソケットのようなものがあり電力10をタダでもらえます。有効活用しましょう。場所が悪いときは、パイロンを立てましょう。また、△ボタンで電線を繋げます。

Fallout 76 B.E.T.A.
Fallout 76 B.E.T.A.
Fallout 76 B.E.T.A.

デメリット

PvPを挑まれ敗北すると所有権をとられる?未確認ですが注意書きを解釈するとそういうことかもしれません。

定期的に襲撃イベントが発生し、犬やスコーチが襲ってきます。Wave4ぐらいまであります。倒すと成功報酬で水や回復アイテムをもらえます。まだ、不備があり敵が引っ掛かって降りてこない場合もありますので注意深く見回りましょう。襲撃の際には、アナウンスとカウントダウンが始まります。間に合わなかったりWave途中で範囲から脱出すると占拠されてしまい、取り返すクエストが発生します。設置した施設がすべて故障状態になるので注意。

ワークベンチ周辺にいる時といない時では、襲撃の間隔に差があります。用がない時は、近寄らないようにしましょう。必要な時は、MAPを開いてワープしましょう。

TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です